目指せ脱フリーター!就職のための情報まとめサイト

フリーターのアルバイト歴は職歴として扱ってもいいの?ダメなの?

2015-10-27

アルバイトは立派過ぎる職歴

 正規雇用と非正規雇用という違いはあれど、どちらも雇用契約を結び働いているという点を見れば、これらに極端な差をつけるのは間違っているのかもしれません。少なくとも多くの企業の人事担当者はそう思ってくれるのではないでしょうか。

 アルバイトであっても、しっかりと働いた経験があれば、それは立派な職歴となりますし、仕事の内容や勤めた期間によっては、立派過ぎる職歴となるはずです。ということで、履歴書にはアルバイト歴を書いておきましょう。迷うことはありません。自分のことをひとつでも知ってもらうためには書いておくことが必要ですから、アルバイト経験もそこに記載するべきなのです。

立派ではない職歴は隅の方へ

 アルバイトはとても立派な職歴。しかし、仕事の内容や勤めた期間によっては、立派とは言い難いアルバイト歴も中にはあるのかもしれません。仕事に優劣をつけるつもりはありませんが、特に短期間で辞めてしまったアルバイトなどは隅の方へ置いておき、主張しないようにした方がいいでしょう。

 短期間で辞めたアルバイトは、必ずそこを面接時に突っ込まれます。「なぜこんな短い期間で辞めたんですか?」と聞かれたら、普通は困ってしまいますよね。そうした状況を作り出さないためにも、客観的に見てあまり立派ではないと判断できるような経歴の場合には、敢えて履歴書に書く必要はないのです。

立派だけど、全面には押し出さないこと

 アルバイトは、何度も言うように、確かに立派な職歴となります。しかし、それを全面に出して主張するような履歴書にはしない方がいいのかもしれません。「他に誇れる部分はないのか?」、「アルバイトしか判断する要素が見つからないな」と人事担当者に思われたら、これはマイナス評価に直結してしまうからです。

 アルバイトは履歴書に職歴として書いておくこと。しかし、それはあくまでも企業側が採用を迷った時の判断要素となってくれればいいのであって、アルバイト歴だけで勝負をし、採用してもらおうとは考えない方がいいのです。「アルバイトは職歴になる」ものですが、「アルバイトは職歴に過ぎない」と考えることも忘れないようにしましょう。

▼参考記事

  • フリーターが履歴書を書いていくのなら
  • 就職の際の志望動機はどう書けばいいか
  • フリーターがする自己PRとは
  • フリーターがする自己PRとは

    2014-11-18
    バイトで培った経験を大いにアピール

     自己PRは自分の経験とスキルをアピールしていく場であり、ここはどの立場の人間であろうと書くべきことはその人次第であり変わりません。フリーターの場合にはやはりそのバイトをしてきた上で身につけたものをアピールするのが一番です。

     実際にバイトといえどもそれで「仕事」をしてきたのは事実であり、そこから得たものをアピールすれば企業側も単にバイトをしたのではなく、しっかりと身に結ぶことをしていたと感じ取ることができるからです。

     そのためにはバイトで何を得たかを羅列していく必要があります。自己分析の際にバイトを振り返っていく機会があるので、その時についでにアピールできると思うことをメモしてまとめておくといいでしょう。
     

    志望動機と同じく企業によって変える

     バイトを多くしてきて自己PRできるものが多ければ当然企業によってもアピールするものを変えていきましょう。何を自己PRとして出せばいいかは志望動機の際に企業を調べて把握しているはずなので、そこと同じように書いていくようにしましょう。

     それとアピールする際にはただ羅列するだけでなく、それを証明する理由も添えて書くようにしましょう。そうなればスペースの問題も出てくるのでどれが一番効果的かを考えて書くアピールを選んでいくようにしましょう。
     
     
    ▼参考記事

  • フリーターが履歴書を書いていくのなら
  • 就職の際の志望動機はどう書けばいいか
  • フリーターのアルバイト歴は職歴として扱ってもいいの?ダメなの?
  •  
     

    就職の際の志望動機はどう書けばいいか

    2014-11-18
    バイトの経験も加えて書こう

     フリーターの方が志望動機を書く場合には自分がしてきたバイトのことも踏まえて書いていくのがいいでしょう。

     というのもそうしてバイトのことを出せば、自分がバイトでしてきた経験をアピールできると同時に、そこからバイトではなく上の雇用形態へとステップアップする意欲をアピールすることもできるからです。

     志望動機の基本的な書き方はその企業の特徴と自分が興味を持ったこと、できることを合わせて書くものなので、フリーターの方はそのできることのところでバイトのことを出すようにしましょう。

     ただ履歴書に書くものであるためにスペースの問題もあって長文になってしまう恐れがあります。あまり長文だと相手も見づらくなるので要点だけを抑えて文章にするようにしましょう。
     

    そのために企業を調べよう

     どのバイトの経験を書けばいいかは当然職種によっても変わってきます。物を売る販売業者であればそうした物を売るところで働いてきたことを、製造業者であれば、そのような物づくりで働いてきたことをアピールすればいいです。

     そのためにはその応募しようと考えている企業がどういう職種であり、そこからどれをアピールするのが一番効率的かを考えなければいけません。

     そのためには企業のことをよく知る必要があります。実際に職種は同じでもその企業の内容によっては別の職種のバイト経験をアピールした方がいいということもあるからです。
     
     
    ▼参考記事

  • フリーターが履歴書を書いていくのなら
  • フリーターがする自己PRとは
  • フリーターのアルバイト歴は職歴として扱ってもいいの?ダメなの?
  •  
     

    フリーターが履歴書を書いていくのなら

    2014-11-18
    職歴を書く際には

     フリーターとなると職歴をどう書くか悩むことになるでしょう。基本的にバイトは職歴には入れない方がいいのですが、フリーターの場合にはそこまでバイトで生活をしてきたのでしっかりと書くべきでしょう。

     しかしバイトの数によっては全て書き切れないということもあります。その場合には提出する企業によってどのバイトの職歴がアピールとして適しているかを考えてそれを選んで書いた方がいいです。

     他にもバイトでも何か自分が重要な立ち位置で仕事をしたのならそれも書いた方がいいでしょう。バイトといえどそういう経験をしたというのは企業としても評価をするものだからです。
     

    履歴書の「書き方」を覚える

     フリーターとしてバイトをしているのなら履歴書の書き方も大分慣れているでしょう。しかし実際就職活動で履歴書を書く場合にはその「慣れ」が仇となります。

     というのもバイトの履歴書と就職するための履歴書というのは書き方が異なるからです。よってバイトと同じ感覚で履歴書を書けばその時点で選考から高確率で外されることになります。

     よって就職活動で履歴書を書くのなら、その就職のための履歴書の書き方を覚えていかなければいけません。履歴書を書く前にまずはそこから調べていくといいでしょう。
     
     
    ▼参考記事

  • 就職の際の志望動機はどう書けばいいか
  • フリーターがする自己PRとは
  • フリーターのアルバイト歴は職歴として扱ってもいいの?ダメなの?
  •  
     

    最新特集

    就職情報コーナー

    フリーターの就職サイトランキング
    フリーターのための就職サイトランキング!new
    就職最新ニュース
    フリーターの就職に関連するニュースをまとめて読みたい方!
    就職相談室
    就職する際によくある不明点や不安なことをまとめました。