目指せ脱フリーター!就職のための情報まとめサイト

こんな会社は危険!ブラック企業の可能性をチェックしてみよう!

2015-12-01

1.求人を出す頻度が多い

 
 とても単純な話ですが、ブラック企業を見分けるためには、ブラック企業である可能性が高い会社の特徴を知ればいいのです。

 これは本当によく言われることなのですが、求人を出す頻度が異様に多い企業、これはブラック企業である可能性が極めて高いでしょう。求人を出す頻度が高い理由を考えてみればわかるかもしれません。

 そう、人手が足りないのです。新しい事業を展開するため人手が足りないのであれば優良企業の可能性もありますが、これがしばらく続くとなると優良企業である可能性は徐々に薄れてきます。ブラック企業のため辞める人が多く、だから頻繁に求人を出す必要が出てきてしまうのです。

2.頑張った分だけ稼げます

 求人を見ただけでブラック企業か否かを判断するのはとても難しいのですが、もうひとつ、求人をチェックすることでブラック企業である可能性が高いと判断できるものがあります。

「頑張った分だけ稼げます」という言葉を目にしたことはないでしょうか。フリーターであればアルバイトを探す時にも、もしかしたら目にしたかもしれません。
 この言葉を見ると、「とんでもなく稼げるかもしれない」と思いがちなのですが、そう思わせることが目的であり、実際には安い賃金で労働者をこき使うブラック企業であることが多いです。

 応募者の心理を上手につくような言葉、これには裏があると思っておくべきでしょう。

社内が汚く整理整頓がされていない

 求人でブラック企業を見分けることができなくても、まだまだブラック企業への入社を回避する手立ては残っています。

 企業に応募をしたら面接を受けると思いますが、その際は社内の様子をしっかりと観察してみてください。もし社内が汚れており、整理整頓がしっかりとできていないようであれば、労働環境もあまりよくないと判断するべきでしょう。

 業種・職種によっては実際に汚い職場というのもあります。しかし一般的には、汚い会社は決して優良な企業ではないとされているため、社内の雰囲気に違和感を感じたのであれば、内定をもらっても辞退した方がいいのかもしれません。

▼参考記事

  • フリーターが履歴書を書いていくのなら
  • 就職の際の志望動機はどう書けばいいか
  • フリーターがする自己PRとは
  • フリーターが正社員として就職したときの注意点

    2015-06-30

    フリーターと正社員の違い

     フリーターの中でも、同じ職場で長く働いた経験があるひとが、正社員として雇用された場合、雇用形態の違いだけで、社会人基礎力がついていると勘違いするひとが少なくありません。

     ですが、社会に出れば、フリーターと正社員の給与の違いがなぜ生まれるのか、よくわかるはずです。それは、職責の重さがまったく異なるからです。

     正社員で雇用されるということは、給与に見合う成果を上げることを求められます。ですが、正社員雇用された仕事が未経験の場合、キャリアもスキルもありませんから、まずはスタートラインに立つことを目指さなければなりません。

     そこで、仕事は会社が上司が与えてくれるものではないと自覚し、いま自分ができることは何かを常に考え、少しでも会社の役に立とうという気持ちを持って、仕事の臨むようにしましょう。

    入社後3カ月は心がけたいこと

     新入社員は、入社後3カ月は、何かと注意を集めるものです。特にフリーターから正社員雇用された中途採用者に対して、必ずしも好意的な人物ばかりではないのが現実です。

     だからこそ、会社のルールやシステムを一日も早く覚えるため、教えられたことは必ずメモにとり、調べてから質問すること、自分に与えられた仕事を、期日までに正確に行うように努力すること、上司や先輩が残業や休日出勤をするときには、自分にできることはないかを確かめ、可能な限り一緒に働くことなど、やる気を見せる方法はいくらでもあります。

     過去の経緯はどうであれ、仕事を覚えて一人前になろうと努力する人材は、会社にとって大切な存在です。できることを探して努力し、一つひとつ積み重ねることで、上司や先輩に可愛がられるようになれば、スキルも早く身に付くはずです。

    フリーターや既卒者を対象としたサイトを利用する方法

    2014-10-10

     フリーターや既卒者が、正社員を目指すのなら、やはり、専門のアシストが必要になってくると思います。学生なら学校で対応してもらうことができる就活でも、フリーターや既卒者は頼るところがありません。そんな時は、専門のサイトに登録する事で、力になってもらう事ができるのです。 (続きを読む…)

    就職活動がうまくいくかどうかは面接で受け答えができるかにもかかってくる

    2014-09-30

     就職活動をしている人で最近よく思うのが、20代以下の若い人は全然しゃべらないなと思います。たとえば、会社の先輩や上司から話しかけられたら「そうですね」「はい」などはっきりと大きな声で相槌をうったり、相槌だけじゃなくて「○○はどうなんですか?」などきちんと話せるような人が少ないと感じます。そういう人は大抵、面接で落ちてしまうことが多くてもったいないと思います。 (続きを読む…)

    脱フリーターのための就活テクニック

    2014-01-14

    年齢アップと比例して、就職が難しくなる!

     厚生労働省では、中学卒業後の15~34歳の若者で在学しておらず、正社員ではない非正規雇用で働く者を「フリーター」と定義しています。けれど実態は一度も正社員として就職した経験がない人から、一度は就職したものの、退職後に転職先が見つからずにフリーターをしている人まで、いろいろです。 (続きを読む…)

    最新特集

    就職情報コーナー

    フリーターの就職サイトランキング
    フリーターのための就職サイトランキング!new
    就職最新ニュース
    フリーターの就職に関連するニュースをまとめて読みたい方!
    就職相談室
    就職する際によくある不明点や不安なことをまとめました。