目指せ脱フリーター!就職のための情報まとめサイト

就職活動中の注意点|内定を辞退する時に気をつけておきたいこと

2016-01-26

内定辞退をハッキリと伝える

 せっかくもらっていた内定。しかしそれを辞退するという決断をしたのであれば、いつまでもそのままでいるわけにはいきません。今すぐにでも内定辞退を伝えるべきです。

 後ろめたさもあってか、なかなかハッキリと内定を辞退したいという思いを伝えられない人もいるようですが、これではいけません。言いにくいのはわかります。しかしここはハッキリと伝えなければ、相手も困ってしまうでしょう。

 何を言うのか、どんな風に言うのか、これを練習してから電話をかけた方がいいかもしれません。電話であれば手元にメモがあってもバレはしませんから、そういったものも用意し、ハッキリと伝えられるようにしておいてください。

損害賠償などを求められたら

 内定を辞退したら損害賠償を求められた、なんて話もしばしば聞きます。こうした話を少しでも聞くと、余計にハッキリと伝えられなくなる人も出てくるかもしれませんが、大丈夫です。

 内定を辞退して損害賠償を求められることなんてほとんどありませんし、求められたとしてもそれが裁判等で認められることはまずありません。大抵は言いがかりなのです。

 内定をもらった後にお金のかかる研修などを受けていた、などがあれば、それにかかった費用は返す必要が出てくるかもしれませんが、そうでなければ損害賠償を求められても、「弁護士等と相談をして連絡差し上げます」などと言えば、もう特に何か言ってくることはないでしょう。

次から「保留」してみよう

 内定を辞退するというのは、どこか心苦しいものですよね。そうした気持ちをできるだけ感じたくないのであれば、これからは、内定を出してくれた時にそれをすぐに受諾するのではなく、“保留”することを検討してみましょう。

 保留をしておけば、それは内定を受け取ったことにはなりません。なので、断るにしても内定辞退とはならないのです。ただ、いつまでも保留できるわけではありませんし、数日中には答えを出さなければならないので、面接を受けたり採否の結果が出る時期が集中している時にのみ、この保留を活用してみることをお勧めします。

▼参考記事

  • 入社手続きで気をつけること
  • 入社の際に備えておきたいことは
  • 内定が決まった後はどう過ごすべきか
  • 試用期間について知る
  • フリーターの就職と職場に慣れる方法
  •  

    フリーターの就職と職場に慣れる方法

    2015-09-14

    できることを率先して行おう

     フリーターが就職して戸惑うことの一つに、自分のビジネスマナーのレベルの低さがあげられるのではないでしょうか。来客や電話の応対、室内やエレベーターなどでの上座・下座の概念、敬語の使い方など、パートやアルバイトでは求められなかったスキルが、正社員雇用された新入社員には求められます。

     仕事内容については、レクチャーを受け、実践しながらスキルを磨くしかありませんが、社会人としての基本のビジネスマナーは、自分で学ぶことが可能です。新入社員向けのビジネス書などを読んで、来客や電話の応対、お茶出し、コピー取りやホッチキス止めなどは、自ら積極的に行える素地をつくっておきましょう。

     また、手が空いているときは、上司や先輩に「何かお手伝いできることはありませんか?」と声掛けし、雑用を引き受けるように心がけてください。その積み重ねが、やる気や素直さとして評価されるはずです。

    入社後3カ月は控えめに

     フリーターからの就職に限らず、入社後3カ月は、何かと注目を集めがちなものです。社内の人間関係やパワーバランスへの理解も低く、最初に声をかけてくれたひととばかりつるんでいたら、社内の別なひとに距離を置かれるようになり、仕事に支障をきたすという話は、どこででも聞きます。

     そうした事態に陥らないためにも、入社後3カ月は出過ぎることなく、社内を観察することを心がけてください。仕事をするうえで、誰なら的確な指示がもらえるのか、自分のスキルアップにつながることを教えてくれるのかを見極め、社内で良好な人間関係をつくることが、自分の職場でのポジションを確固たるものにするときに、役立つはずです。ぜひ、実践してみましょう。

    ▼参考記事

  • 入社手続きで気をつけること
  • 入社の際に備えておきたいことは
  • 内定が決まった後はどう過ごすべきか
  • 試用期間について知る
  • 就職活動中の注意点|内定を辞退する時に気をつけておきたいこと
  •  

    試用期間について知る

    2015-08-18

    試用期間はどんな職場でもあるもの?

     フリーターとして働く方なら、アルバイト先で試用期間を経験したことがある方もいるでしょう。基本的にこの期間を使って研修を行い、仕事に慣れるために色々と教えてもらうわけですが、実は試用期間を必ず設けなければいけないという法律はありません。

     しかし雇用する側としては、雇った人が遅刻や無断欠勤をする、やる気がなくトラブルばかりおこしてしまう、そんな人だったら困るわけです。逆に雇われる方としても、仕事の内容が求人と全く違う、サービス残業や休日出勤を強要され、パワハラ・モラハラのような言葉を投げかけられる、そんな職場では困ります。

     せっかく労力を費やして就職活動した結果正社員になれたとしても、ひどい会社では素直に喜べなくなってしまいますよね。そういった事柄を含め、お互いがお互いを見極めるために、ほとんどの会社で試用期間を設定しているのです。大体は3ヶ月前後としている会社が多く、試用期間が終わると同時に正式に雇用される流れになります。

    試用期間の心構え

     試用期間は先にも出たように、自分がこの会社でやって行けるかをじっくり見極められる期間です。しかしその「やって行けるか」というのが、仕事ですぐに活躍できるかどうかという点だけではないことを忘れてはいけません。アルバイトで蓄えた経験を元に就職した方なら、それまでの知識を期待されることもあるでしょうが、この期間で一番大切なのはなによりもやる気です。

     経験がある職種であっても職場環境が違えば同じ方法が使えないこともありますし、年齢が若い方ならそもそも全く未経験の仕事に就くパターンも多いと思います。だからこそ分らなければわかるまで聞く、電話に出る、掃除をするなど自分にできることから徐々にやっていくことで、自然と新しい環境にも慣れていくことができるでしょう。

     大体は試用期間後、問題なければそのまま試用期間内に教えてもらった仕事を引き続きやっていくことになります。ですからあまり試用期間であることは意識せず、積極的な姿勢で仕事をしていくようにしてくださいね。

    内定が決まった後はどう過ごすべきか

    2014-11-18
    まずはバイトに退職することを伝えよう

     入社まではバイトをすると考えることもいるかもしれませんが、それは正直いいことではありません。というのもバイトを辞めた後の必要書類が入社手続きで必要となるからです。

     それだけでなく直前までバイトをしているとそのバイトでの仕事の感覚が抜け切らなくなり、新しく就職した企業での仕事に支障が出る場合があります。

     また、そうしてバイトをあと少しだからといって張り切ってしまい、それで体調を崩してしまえばせっかくの入社がスタート地点から躓くことになってしまいます。

     内定後はまずバイトを辞めることから伝えることにしましょう。そうして入社日までは入社のための様々な準備をするようにした方がいいです。
     

    生活を適応させていく

     入社するとなればバイトをしてきた時とは生活が変わることになります。人によっては大幅に時間帯での行動が変わるということにもなるので、それで体の方に何かしらの支障が出る場合もあります。

     そうならないようにするために生活自体をその入社先の企業のことも考えて少しずつ適応していきましょう。入社まで間に合わないかもしれませんが、その場合には入社後に適応していくように行動することになります。
     
     
    ▼参考記事

  • 入社手続きで気をつけること
  • 入社の際に備えておきたいことは
  • フリーターの就職と職場に慣れる方法
  • 就職活動中の注意点|内定を辞退する時に気をつけておきたいこと
  •  
     

    入社の際に備えておきたいことは

    2014-11-18
    バイトと正式な仕事は違う

     当然のことながら入社して働き始めるとなればバイトとは勝手が違うことはすぐに思い知らされることになります。そしてそのギャップが原因で長続きせずに辞めてしまうということも珍しいことではありません。

     入社前に考えることとしてはバイトでの感覚は早めに捨てた方がいいということです。その感覚が残ったままだと上手く仕事をしていけない可能性が高いからです。

     それと同様に自分の頭にもバイトとは違う本格的な仕事をしてくるということを理解しておくといいでしょう。最も頭で理解しても…というところはあるので、ある程度の勝手の違いは覚悟する必要がありますが。
     

    メンタル面の準備もしておくこと

     当然バイトと勝手が違うということは精神的にも大きなプレッシャーとなってきます。場合によっては相当辛い目に遭うこともあるので、それに耐えるぐらいの心持ちは持たなくてはいけません。

     していたバイトによってはメンタル面が強くなっているので大丈夫という方もいるかもしれませんが、そうでない場合にはポジティブな考え方ができるような思考を持つようにするのがいいでしょう。

     そうすれば少しは辛いことがあっても耐えられるはずです。
     
     
    ▼参考記事

  • 入社手続きで気をつけること
  • 内定が決まった後はどう過ごすべきか
  • フリーターの就職と職場に慣れる方法
  • 就職活動中の注意点|内定を辞退する時に気をつけておきたいこと
  •  
     

    « Older Entries

    最新特集

    就職情報コーナー

    フリーターの就職サイトランキング
    フリーターのための就職サイトランキング!new
    就職最新ニュース
    フリーターの就職に関連するニュースをまとめて読みたい方!
    就職相談室
    就職する際によくある不明点や不安なことをまとめました。