目指せ脱フリーター!就職のための情報まとめサイト

僕がニートだったあの頃 ~ニートのリアルな就職体験~

2013-12-17


僕が就職を考えたキッカケは簡単です

できちゃった結婚で娘が生まれ結婚したことがキッカケです。
就職せざるおえなかったということです
それまでは就職はしていましたが、いろいろな仕事を転々としていました。
娘がいなかったらあの時のままのニートだったかもしれません

そして、妻の親からの紹介ですので就職したときは就職活動はしなかったですが、
ハローワークへ行くのが一番辛かったです。

なぜなら、ハローワークには同じように仕事に困っている人が何人もいます。
毎週通うとわかるのですが当然メンバーが少しづつ変わっていきます。

もう60過ぎのホームレスみたいな人がハローワークの入り口にたむろしているのですが
ハローワーク常連さんと仲良くなってしまうと、自分が嫌になってしまいます。

職員さんもまたこの人かと思われてしまうのではないかとどきどきしますね。

面接に関してですが、なぜうちの会社を志望したのか?
と聞かれる場合が多いです。

果たしてこれといった理由が答えられる人っているのでしょうか?
給料が良いからだと答えれば求人で出している給料は実際の給料とはちがいますので落とされる場合がありますし
いきなりいい給料がでるはずもありませんし
同じ給料ならいくらでもあったのでは?と思われてしまいそうです。

最後に、これから就職活動を行うニートの方へのアドバイス
まず面接が苦手な人は話題作りに履歴書にできるだけ多くのことを書いておくといいとおもいます。
こうすることによって面接する人も話題が振りやすくなります。

後は面接に落ちてもヘコまないことですね。
私は落ちる度にヘコんでいたので次の面接までの期間が多くあいていました。

何度でも受けてやるという気持ちで仕事を選ばず面接すればきっと使ってくれるところがあると思いますので
使ってくれるところがあればそこで一旦頑張ってみて、
その期間は資格の取得や資格取得までの資金を貯めるなど

自分の就きたい仕事に就けるようになるための準備期間だと考えればいいと
思います。

商社事務への就職活動|25歳 女性

2013-10-23
 25歳 女性
 商社事務
 リクナビNEXT・その他

 工夫と言えるほどのことでもありませんが、できるだけリラックスして面接に臨むことです。よそ行きの状態ではなく、素の自分を気に入って頂けないと、就業後に息苦しさが出ると思ったためです。

 面接前にその会社の近所でお茶をしてみたり、トイレで笑顔を作って表情筋をほぐしたりしました。

 その結果、人柄を気に入って頂けたので、無理せず自分らしくいられたのは良かったと思います。

 事務職に絞って応募していましたが、こちらの会社では事務に加え、商品カタログや販促物の作成にも携われるということでした。学生時代に学んだIllustratorとPhotoshopのスキルを活かせることが、他社に比べて魅力的に感じました。

 また面接では直属の上司となる方と二度お会いし、この方とであれば堅苦しくなく働けそうだと感じました。

 4ヶ月弱かかりました。早い段階で採用を頂いたところもありましたが、お断りして、納得いくまで続けた結果です。

 履歴書の写真と文字は美しく、そして自分の言葉で話すことは基本です。キレイ事だけを語っているのは、たくさん人をみてきた採用担当者にはバレています。

 毎日8時間程度の時間を過ごす場になるのですから、納得がいくまで探してほしいと思います。採用してくれた会社がご縁のある会社、という考え方もあるのかもしれませんが、ご自身の中に迷いがあるのなら、お断りする勇気も必要だと思います。

フリーターから介護職への就職|28歳 男性

2013-10-11
28歳 男性
介護職
リクナビNEXT

 高校中退後は気軽に出来て気軽にやめられるアルバイトを続けていました。飲食店などを転々として、半年ごとのスキー場のアルバイトで数年間落ち着いていました。冬はスキー場、夏はゴルフ場などのアルバイトをしていました。

 しかしそんな感じで20代も半ばになった頃、正社員で勤めている友人との経済的な格差などを実感していき、なんとか就職活動が難しくなる30代までにはなんとか正社員で勤めなければいけないと考えはじめました。

 もちろん履歴書にはアルバイトの勤務先しか書けないし、学歴自体が中卒の為なかなか面接まですすめませんでした。しかし一番苦労したのはアルバイトしか仕事がしたことが無い為正社員で働けるのかという、正社員という立場に対する怖さから逃げたくなる自分の気持ちに苦労しました。

 履歴書を送付しながら面接の連絡が全く無いのが続いたときなど特に「またアルバイトでいいや」とすぐ考え、「いや、待て」の繰り返しでした。選考に落ちても落ちても正社員の仕事を探し続けるモチベーションを保つのに苦しかったです。

 フリーターで甘えてしまった生活に慣れてから正社員での仕事を目指すのは困難ですが、いつかは正社員で仕事をしたいと考えているなら転職活動ははやく始めるに越したことはありません。フリーター生活は長くなればなるほど抜けられなく、また仕事もみつかりずらくなってしまいます。大学の新卒者ですら就職が難しい人もいるのです。それに比べてさらにハンデをおっていると考えて良いと思います。フリーターからの就職活動はどんな仕事でもやります位の勢いを見せる必要があると思います。

最新特集

就職情報コーナー

フリーターの就職サイトランキング
フリーターのための就職サイトランキング!new
就職最新ニュース
フリーターの就職に関連するニュースをまとめて読みたい方!
就職相談室
就職する際によくある不明点や不安なことをまとめました。