目指せ脱フリーター!就職のための情報まとめサイト

試用期間について知る

2015-08-18

試用期間はどんな職場でもあるもの?

 フリーターとして働く方なら、アルバイト先で試用期間を経験したことがある方もいるでしょう。基本的にこの期間を使って研修を行い、仕事に慣れるために色々と教えてもらうわけですが、実は試用期間を必ず設けなければいけないという法律はありません。

 しかし雇用する側としては、雇った人が遅刻や無断欠勤をする、やる気がなくトラブルばかりおこしてしまう、そんな人だったら困るわけです。逆に雇われる方としても、仕事の内容が求人と全く違う、サービス残業や休日出勤を強要され、パワハラ・モラハラのような言葉を投げかけられる、そんな職場では困ります。

 せっかく労力を費やして就職活動した結果正社員になれたとしても、ひどい会社では素直に喜べなくなってしまいますよね。そういった事柄を含め、お互いがお互いを見極めるために、ほとんどの会社で試用期間を設定しているのです。大体は3ヶ月前後としている会社が多く、試用期間が終わると同時に正式に雇用される流れになります。

試用期間の心構え

 試用期間は先にも出たように、自分がこの会社でやって行けるかをじっくり見極められる期間です。しかしその「やって行けるか」というのが、仕事ですぐに活躍できるかどうかという点だけではないことを忘れてはいけません。アルバイトで蓄えた経験を元に就職した方なら、それまでの知識を期待されることもあるでしょうが、この期間で一番大切なのはなによりもやる気です。

 経験がある職種であっても職場環境が違えば同じ方法が使えないこともありますし、年齢が若い方ならそもそも全く未経験の仕事に就くパターンも多いと思います。だからこそ分らなければわかるまで聞く、電話に出る、掃除をするなど自分にできることから徐々にやっていくことで、自然と新しい環境にも慣れていくことができるでしょう。

 大体は試用期間後、問題なければそのまま試用期間内に教えてもらった仕事を引き続きやっていくことになります。ですからあまり試用期間であることは意識せず、積極的な姿勢で仕事をしていくようにしてくださいね。



最新特集

就職情報コーナー

フリーターの就職サイトランキング
フリーターのための就職サイトランキング!new
就職最新ニュース
フリーターの就職に関連するニュースをまとめて読みたい方!
就職相談室
就職する際によくある不明点や不安なことをまとめました。