目指せ脱フリーター!就職のための情報まとめサイト

フリーターの就職と職場に慣れる方法

2015-09-14

できることを率先して行おう

 フリーターが就職して戸惑うことの一つに、自分のビジネスマナーのレベルの低さがあげられるのではないでしょうか。来客や電話の応対、室内やエレベーターなどでの上座・下座の概念、敬語の使い方など、パートやアルバイトでは求められなかったスキルが、正社員雇用された新入社員には求められます。

 仕事内容については、レクチャーを受け、実践しながらスキルを磨くしかありませんが、社会人としての基本のビジネスマナーは、自分で学ぶことが可能です。新入社員向けのビジネス書などを読んで、来客や電話の応対、お茶出し、コピー取りやホッチキス止めなどは、自ら積極的に行える素地をつくっておきましょう。

 また、手が空いているときは、上司や先輩に「何かお手伝いできることはありませんか?」と声掛けし、雑用を引き受けるように心がけてください。その積み重ねが、やる気や素直さとして評価されるはずです。

入社後3カ月は控えめに

 フリーターからの就職に限らず、入社後3カ月は、何かと注目を集めがちなものです。社内の人間関係やパワーバランスへの理解も低く、最初に声をかけてくれたひととばかりつるんでいたら、社内の別なひとに距離を置かれるようになり、仕事に支障をきたすという話は、どこででも聞きます。

 そうした事態に陥らないためにも、入社後3カ月は出過ぎることなく、社内を観察することを心がけてください。仕事をするうえで、誰なら的確な指示がもらえるのか、自分のスキルアップにつながることを教えてくれるのかを見極め、社内で良好な人間関係をつくることが、自分の職場でのポジションを確固たるものにするときに、役立つはずです。ぜひ、実践してみましょう。

▼参考記事

  • 入社手続きで気をつけること
  • 入社の際に備えておきたいことは
  • 内定が決まった後はどう過ごすべきか
  • 試用期間について知る
  • 就職活動中の注意点|内定を辞退する時に気をつけておきたいこと
  •  



    最新特集

    就職情報コーナー

    フリーターの就職サイトランキング
    フリーターのための就職サイトランキング!new
    就職最新ニュース
    フリーターの就職に関連するニュースをまとめて読みたい方!
    就職相談室
    就職する際によくある不明点や不安なことをまとめました。